介護福祉士の資格を取るのには十数年前までは、学校を卒業するだけで取得できていた、また数年前までは実務経験3年以上だけで受験することができました。しかし、今後は主に社会人は実務者研修という研修を取っていてさらに3年以上の経験がないと受験することができません。学生は福祉系の高校や専門学校に行っただけで受験が出来ていましたが、それも学校によっては研修が必須になるところもあります。しっかり詳細を調べてから行かないと、受験することが出来ないかもしれません。また、実務経験3年というのも詳細があるためきちんと調べて、置く必要があります。2年前までは実技試験がありましたが、昨年度からは研修が必須となり実技試験がなくなりつつあります。その前にしっかりと技術を習得する必要があります。

社会人が介護福祉士の資格を習得するためには

社会人が介護福祉士の資格を取るための一番の近い道は実務者研修を受けるということです。数年前まではヘルパー2級、1級という言葉が主流でしたが現在は初任者研修、実務者研修と名前が変わっています。以前にヘルパーの免許を習得していた人はプラス数時間の受講が必要となります。初任者研修は早くて1週間程度で取得できます。その中に実地研修や実技なども組み込まれています。実務者研修に至っては半年程度期間をかけて研修のカリキュラムが組まれています。医療的行為といった、痰吸引や経管栄養のことも詳しく学ぶことができます。ただ、実地研修はないためすでに働いている人で、介福の受験のために通う人が増えています。実務者研修を終えていないと受験することができません。何の資格も持っていない人は初任者研修を受け、現場を見てから働く人が多いです。

実務者研修以外の介護福祉士への道

基本的に社会人からの介福取得は実務者研修が一番リーズナブルで時間も短縮化します。そのほか福祉系の高校を卒業すると新カリキュラムで卒業した場合は、そのまま受験ができます。旧カリキュラムの場合は講習を受けたり、もしくは実技試験が必要になることがあります。また、高校卒業後に専門学校や大学など進学し福祉を学んだ人もそのまま受験することができます。福祉だけでなく、社会福祉や保育なども受験可能の範囲内にはいります。社会人が専門学校に入ってから受験することも可能ですが、実務者研修を受け実務経験3年の人が圧倒的に多いです。また、実務経験3年の中に何カ所か施設を変わっていたら各施設に問い合わせをして、実務経験証明書を発行してもらう必要があります。1日でも足りないと受験ができないため、国家試験を考えている人は試験を計算して働き始めることが多いです。