介護福祉士の資格の取得は今後必須となってきます。超高齢化が進んで、さらに団塊の世代が高齢化に入ってきているため、生活に介助が必要な人は増え続けています。介助するヘルパーなどが今後必要となってきますが、現在人材不足は否めません。ただ、多様な高齢者に対応する必要があるためこの資格習得は看護師に近いぐらいのスキルや、知識が必要となってきます。痰吸引や胃瘻、吸入などそれに合わせたことができないと今後は追いつかないことになります。人手不足を海外労働者で補おうとする動きが顕著になっています。そのためには、より詳細の知識と技術が必要となってきます。そのためには、勉強だけでなく現場でのある程度の経験も必要となってきます。現場経験で培われた能力を生かすことができます。

現在の福祉業界の実態を把握する

福祉業界では高齢者増加に伴い施設増設の動きがとても顕著です。しかし、増設されたとはいえ介助者の人数が追いつかないこともあります。また、高齢者の認知症率も増加しています。認知症の人の急激な環境の変化は症状を悪化させるリスクもあるため、できるだけ在宅でケアをしていく方向で今後は進められていきます。ということは、在宅ケアが今後進められていきます。在宅ケアでは主婦などの家事全般出来る人が多いです。介助者の出来ないことをサポートしていくことはもちろんですが、人や病状により専門的な知識が必要となってきます。そのためには研修などを会社で細やかに行ったり、行く必要があります。現在、処遇改善費として国から支給されているため、会社によって違いますが、給料が少しずつ上がっているところもあります。

介護福祉士の習得のメリットについて

資格の取得メリットは資格手当がつくため確実に給料が上がります。基本給もヘルパー2級や初任者研修しか持っていない人よりは高いです。介護福祉士を取るには専門学校に1~2年通うか、学校で初任者研修、または実務者研修を受けてから施設、訪問などで3年の実務経験が必要となってきます。海外労働者も増えており、明確に専門性を記すために必須になってくることは間違いありません。少し前までは重労働で身体を壊して辞めてしまう、休むことが余儀なくされることも多々ありましたが、福祉用具も進化しており、移乗の時にリフトや介助用ロボットを使用するなど身体への負担のリスクも軽減していきます。介護の薄給料のイメージを覆すために、政府からの給料改善、処遇改善費の増加なども検討されています。看護師に近い専門性も必要なので、給与形態も見直されます。