介護福祉士は、高齢者やハンディキャップのある方のために身の回りや家事などの介助や援助を行ない、普段の生活が円滑に行なえるようサポートし、高齢者の方の話し相手やその家族の相談に応じるのも仕事です。資格の有無により任される仕事の内容も異なりますが、資格取得者の場合には一般的な介助業務のほかにも、ケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、具体的な日々のプランニングを提供したり、ほかの職員の指導を行なったりと幅広い分野での活躍が期待できるのも魅力です。高齢者の方とその家族に感謝されるやりがいのある仕事ですが、高齢化社会が進む現代では施設や事業所が普及されている割には、人手不足が常に問題視されており、常に求人募集が絶えない職種でもあるのが特徴です。

高齢者向けの施設や事業所で活躍しています

職員初任者研修と実務者研修を修了後に3年以上の実務経験を積むことで国家試験の介護福祉士の受験ができ、この試験に合格するとプロとして認められます。これに伴い、高齢者の方への介助や援助業務のほかに、施設や事業所内のチームリーダーとしてチームのメンバーの管理や後輩スタッフの指導、チームの士気の向上などのチームマネージメントの仕事を担うことができ、よりやりがいのある仕事が実現します。サービス提供責任者として、高齢者の方の最適な介助や援助のプランニングの作成業務やその家族とのコミュニケーションを図るなど幅広い分野で活躍が期待できるのが魅力です。老人ホームなどの施設や訪問介護事業所、デイサービスなどで重要なポジションの仕事ができるキャリアの資格とも言えます。

最高峰のキャリアケアマネージャーも目指せます

この資格が必須ではなく取得している方がより信頼度があるため取得しておくことがおススメですが、5年以上の実務経験で最高峰のキャリアと言われているケアマネージャーの試験を受験できます。これに合格することで、ケアプランの作成をはじめ、高齢者とその家族との面談や相談など施設や事業所の最も重要なポジションの仕事ができます。それだけでなく、独立して自分で事業所も開業できるのが大きなメリットです。介護福祉士を目指せば、責任のある重要な仕事を任されるとともに仕事の幅も大きくひろがり、スキルアップはもちろんキャリアアップもできます。そのため、将来性のある長く続けられる仕事でもあるため、高齢者との触れ合うことが好きな方や介助業務に興味のある方に最適の職種と言えるでしょう。